オンライン学習、ミュージカル、海外留学、暮らしとトレンドの雑記サイトです!

【美味しいの?】コーヒー豆は食べられる!健康効果やおすすめの食べ方を徹底解説!

output
output

※ 当サイトではアフィリエイト広告を利用しています

こんにちは!

世界中の人々の嗜好品として愛されているコーヒーですが、

実はコーヒー豆って食べられるのご存じでしたか?

コーヒー豆は、とっても栄養満点!
焙煎豆だけでなく生豆も食べられます。

今回は、そんなコーヒー豆を食べると得られる効果や、おすすめの食べ方について解説していきます!

コーヒー豆は食べられる!その効果は?

実は食べられるコーヒー豆ですが、

  • カフェインを効果的に摂取できる
  • クロロゲン酸で病気予防
  • 食物繊維で腸内環境の改善と美容効果

など、我々の健康や美容にとっていいことがたくさんあります。

①カフェイン

カフェインには、

  • 疲労感を和らげる
  • 眠気覚まし
  • 運動能力向上
  • 脂肪燃焼

など、健康にとっていい成分であることはよく知られていますよね。

普通にコーヒーを抽出する場合でも、豆に含まれるカフェインの8~9割くらいはコーヒー液に流れているそうです。

普通に飲む場合でも、豆からのカフェインはかなり含まれているのですね!

コーヒー豆を食べることで、そのカフェインを全て摂取することができます。

②クロロゲン酸

クロロゲン酸とは、ポリフェノールの一種です。

  • 血糖値の上昇を抑える
  • 抗酸化・アンチエイジング
  • 抗がん作用

という効果があります。

ボリフェノールといえば、色が濃い食べ物に多く入っているものですね。

ただし、クロロゲン酸は胃の粘膜を刺激し、胃液の分泌を促進させてしまいます。

食べ過ぎには注意ですね。

また、クロロゲン酸は焙煎されると、含まれる量が減ってしまうという弱点があります。

どうしても摂取したいなら、浅煎りのコーヒー豆を食べるといいですね。

③食物繊維

コーヒー豆には食物繊維が含まれています。枝豆と同じくらいの量とのことです。

食物繊維には、

  • 便通の改善
  • 血中コレステロールの調節

の効果があります。

コーヒー豆の食物繊維は、水溶性食物繊維とよばれるものです。

そんな水溶性食物繊維が含まれる食べ物と言えば、こんにゃくや果物など。

腸内環境を整え、肌荒れを改善したり、血糖値の上昇を抑えたりと、

健康と美容にも効果的です。

コーヒー豆の美味しい食べ方

コーヒー豆は美味しいかといったら微妙なところ。

そこで、コーヒー豆をトッピングしてアレンジすることで、

食べやすくなります。

コーヒー豆をスイーツにトッピングする

挽いた豆を、アイスなどにトッピングすれば、

苦みや酸味をアクセントとして楽しむことができますね!

バニラ味のような、シンプルなアイスクリームがオススメ。

まるでカフェラテを食べているかのように感じます。

コーヒー豆のお菓子を買う

意外にも、

コーヒー豆のお菓子は身の回りに販売されているんですよ!

などです。

他にも様々なメーカーがコーヒー豆のチョコレートコーティング菓子を販売しているので、

ぜひAmazonなどでチェックしてみてください。

コーヒー豆のお菓子をAmazonで見る

やみつきになるので、食べ過ぎには注意。
気づかないうちにカフェイン過剰摂取になってるかもしれません。

【まとめ】コーヒー豆は食べられる

今回は、コーヒー豆を食べることによる効果やおすすめの食べ方について解説しました!

たくさん食べることは難しいかもしれませんが、

工夫してアレンジしてコーヒー豆そのものを楽しんでみてください!

最後まで読んでいただきありがとうございました!

output
メンタルヘルス

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です