オンライン学習、ミュージカル、海外留学、暮らしとトレンドの雑記サイトです!

【写真つき】帝国劇場のS席後方(1階R13)の見え方、座った感想を解説します。

output
output
2024年6月21日

帝国劇場のS席の後ろのほうの座席なんだけど、
見え方ってどんな感じなのかな?

そんな疑問に答えていきます。

私は「ムーラン・ルージュ!」というミュージカルで1階R13席に座りました。

結論からいうと、

舞台の全体は見やすくてよかったのですが、

演者の顔はハッキリと見えない、という印象です。

今回はそれを踏まえて、帝国劇場のS席でかつ後ろの方の席に座った感想について解説していきます。

 

帝国劇場の座席表と私が座った席

帝国劇場の詳しい座席表

以下が帝国劇場の座席表です。

帝国劇場公式サイトより

帝国劇場によると、公演によって座席の区分は違うそうなので、

観たい演劇の公式サイトで確認が必要です。

今回は、私が観覧した2023年8月の「ムーラン・ルージュ!」の座席区分を参考にしていきます。↓

私が座った席【1階R13】

私が座った席は、

S席に区分されている1階のR13席でした。

真ん中より少し後ろの左寄りという感じですね。

つまり私が座ったのは1階S席の一番後ろということになります。

そして、その見え方は以下のような感じ。

一目で舞台セットの端から端までを一望することができますね。

ただ、役者の顔をハッキリと観るには、少し遠いかなと感じました。

帝国劇場の1階S席の一番後ろに座った感想

先ほども少し述べましたが、

帝国劇場1階S席に座った感想は以下の通りです。

  • セットの端から端までを一望することができていい
  • 役者の顔はハッキリ見えない

です。

セットを全体を見渡せる良席だった

頭を動かさなくてもセットを一望できるのは、

首も疲れないし、舞台を最大限に楽しむために大切な要素です。

比較のために、

私がNYのブロードウェイで「ムーラン・ルージュ!」を舞台の手前で見た時の写真をお見せします。

NYの劇場・前方の席
帝国劇場S席後方

写真の画角が少し違うので分かりにくいですが、

NYでは席が舞台に近くて俳優の顔を(何なら俳優の唾まで笑)ハッキリとみることができました。

ただし、全体を見るには首を左右に動かして見ないといけなかったので、

かなり疲れました。

ただし役者の顔はハッキリ見ることができない

もし俳優さん目当てで来ていて、顔を間近でハッキリみたいのなら、

S席の一番後方はオススメしません。

といっても、ここで問題が発生。

チケットの販売先によって席の場所は選べません。

これではS席を取っても後ろの方になってしまう可能性もありますよね。

なので、「オペラグラス(双眼鏡)」は、必須です!

どの席になってもいいように、

特に今後とも舞台を見に行く予定があるのなら一つは持っておいたほうがいいでしょう。

【まとめ】帝国劇場1階のS席後方は舞台を一望するには良い席

今回は、帝国劇場の1階S席でかつ後ろの席(1階R13)に座った感想について解説していきました。

とても見渡しの良い席で、

セットの全体を楽にエンジョイすることができたので満足です。

ただ、役者の顔はハッキリとは見えなかったのが残念。

S席を買っても座席指定ができないチケット会社もあるので、

どんな席になってもいいように、

「オペラグラス」は持参するべきだと感じました。

最後まで読んでいただきありがとうございました!!!

output
ミュージカル・演劇

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です